クチコミ情報

マカで便秘を改善

便秘にも色んな種類がありますので、症状にあった対処が必要になります。
女性の多いのは、ダイエットや運動不足による弛緩性の便秘です。
腸管の緊張が緩んでしまうので、腸が活発に働かなくなってしまいます。

大腸に便が長く留まってしまうので、水分が無くなってしまうので固くなって排便が出来なくなっています。
姿勢が悪い事で、腹筋が老化し力を入れられないのも原因です。
ストレス等により腸が過敏になって、便がしっかりと固まらずウサギのフンのような便が出ます。

出そうだけど出なかったり、出ても固くて少量な人は交感神経が乱れている事が多いようです。
高齢者やガスを我慢するあまり、直腸に便が詰まってしまうので事もあります。
排便を我慢するとこのような状態に陥りやすいので、常にリラックスした時間に排便が出来るようにしましょう。

女性は弛緩性の便秘が殆んどですが、便意を催しても筋力が弱いためにスムーズに排便が出来なくなります。
女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが便秘の原因になっている場合もあります。
ホルモンのバランスが悪くなると、黄体ホルモンが盛んになります。

月経時や妊娠中に便秘が多くなるのも黄体ホルモンが増えるからです。
黄体ホルモンは、子宮筋の収縮を抑制する働きがあります。
これが働くと体に水分を溜める指令が脳から出てしまうので、腸内の水分が吸収されてしまい便が出にくくなります。

反対によどみやすい足に水分が溜まりむくみとなって現れてしまいます。
妊娠中にむくみが酷くなったり、便秘になるのは、黄体ホルモンの悪戯と考えて良いでしょう。
子宮筋の収縮を抑えて流産を逃れる為ですが、喫煙や飲酒で子宮筋が緩みやすくなるとも言われています。

食物繊維は腸の禪動運動を助けますが、ホルモンのバランスの乱れやストレスによる自律神経の乱れが便秘にも深く関わっていますので、薬や食物繊維だけでは改善されない場合もあるのです。
マカには自律神経を安定させる成分があり、脳下垂体に働きはかける事によってホルモンのバランスも正常に整えていきます。
精神的なものや、ホルモンバランスの乱れにより排便が滞りやすい女性の便秘にもマカには効果を現してくれるのです。

Copyright(C) 2013 男性には特に欠かす事が出来ない栄養素 All Rights Reserved.